ミュージックプラネット合格!プロアーティストへの道!

いまSNSを中心に話題となっているミュージックプラネット オーディションは、音楽に打ち込むためのハイレベルな環境が用意されています。

ミュージックプラネットオーディションは実際どうなの?

ミュージックプラネットのオーディション合格者は、一流プロデューサーによるオリジナル楽曲の作成・配信、大規模ステージでのライブ出演などのサポートを受けることが出来ます。

 

このレベル・規模のサポート環境は、他の芸能事務所・オーディションをピックアップしてみても、ほとんど確認できません。これが意味することは、テレビで見るようなミュージシャンと同じような環境であなたの歌声を披露できるということです。

 

勿論、だれでも合格できるようなオーディションではありません。しかし歌が下手だと自分で思っていても、不合格になるとは限らないのがミュージックプラネットのオーディションです。
 
 
審査員はあなた方の熱意を真剣に見ています。そして素質がある人を合格に導いています。

 

今は下手くそで粗削りだとしても、ミュージックプラネットが用意した環境でレッスンをすることで大化けしそうな人材をプロデューサーは見逃しません。

 

だから勇気を出してオーディションに参加してみてる価値はあります。なによりオーディションに参加するだけなら無料ですからリスクはありません。
 

確認しただけでも、ミュージックプラネットに参加しているプロデューサー陣は、とても実績のある音楽プロデューサーで実力は間違いなく本物です。

この方々が当日のオーディションには審査に参加し、顔を合わせてアナタの歌声を聞いてくれます。だから今の貴方にきっとベストなアドバイスを受けられますので、それだけでもオーディションの価値はあります。

>手掛けてきた有名アーティスト&プロデューサーたちの実績について

 

先程も示したようにミュージックプラネットのオーディション合格者には、プロを目標とする者であればうらやむようなハイレベルの環境が用意されています。

勿論、オーディションに合格することは必要ですし、少なくとも音楽に真剣でいて、将来は大きなライブステージで沢山の観客の前で熱唱したい!というたくさんの強い思いが必要です。

 

オーディション合格者は、次々とデビュー

 

ミュージックプラネットのオーディションはもちろん簡単では無いかもしれませんが、少し頑張れば手が届きそうな範囲でもあります。

例えばホリプロスカウトキャラバンのように100万に1人ほどの合格率であれば『自分なんだかじゃどうせ受からない…。』と考えても無理もありません。しかしミュージックプラネットのお披露目ライブには毎月、東京・大阪・福岡を合わせると60人以上が参加しています。ですからそれだけの合格者を輩出しているのは事実です。

 

オーディションの審査料は無料

実際の審査では、メジャーアーティストのプロデュースも数多く担当している有名な音楽プロデューサーが行います。公式サイトでは、一流音楽プロデューサー陣の経歴が念入りに記載されているので、確認することをお勧めします。だれでも名前を聞いたことがあるアーティストを数多くプロデュースしている実力派のプロデューサーばかりです。

 

レコード会社のオーディションとMUSIC PLANETのオーディションの違う所ってある?

通常のレコード会社が主催するボーカルオーディションの場合では、オーディションに合格した者は何が何でもレコード会社からデビューをさせて貰うことができていました(今は時代が変わり、約束はされていません)。しかしその分、可能性のある人しかオーディションにパスできません。

つまり「会社の利益になる」と評価を得た人しか通らないうことです。結局はレコードオフィスも芸能プロダクションも慈善事業ではなく商売ですので、お金に発展しない人をタダでトレーニングすることは有り得ません。(もしそんな事実が有り得るとしたら、100%裏があるでしょう…。)

そういった理由で、レコード会社が開いているオーディションの合格率は非常に低確率なのです。1万人に1人合格したら良い…そんな程度の厳しさです。

一方、ミュージックプラネットボーカルオーディションは、オーディション合格者を即日全員メジャーリリースさせることを狙ってはいません。
いつでも、メジャーデビューを狙って音楽活動に奮起している歌手の方々を最大限にサポートすることが、ミュージックプラネットのコンセプトなのです。

 

ミュージックプラネットディションのまとめ

ここまでの話をまとめると、

・ミュージックプラネットは、有名になりたい夢を最大限にサポートすること
・レコードオフィスは、とにかくデビューさせてお金稼ぎをすることが目的

このように、全く目的と考えるところが異なります。

 

メジャーデビューをターゲットにして歌手活動に奮闘している方々の中には、プロが思っている以上の歌唱力の人もたくさんいます。

そういう方々でも、レコード会社のオーディションに合格するパーセンテージは0.001%以下、本当にほんのちょっとの方だけです。

 

それは言い換えれば、レコード会社がデビューさせて、そのタレントに対して需要のある見込みを認識したからであって、それら以外にはありません。

 

それを受けてさらに今は、CDが売れない時代と言う環境でもあるので、レコード会社がアーティストをデビューさせる確率というのは、より低くなってきています。

 

歌唱力の実力に加え、相当運に恵まれている方で無い限り、レコードオフィスのオーディションには受からないことが近年の状態なのです。

またオーディションに合格してもデビューが約束されている環境は昔よりも少なくなり、ほとんど無いような状況であるのが現状です。

 

ミュージックプラネットのプロジェクトで活動するメリット

それでは、ミュージックプラネットのオーディションに合格して、プロジェクトで活動する事のメリットは何なんでしょう?

有名プロデューサーによる楽曲制作や大規模ライブ出演など、プロアーティストと同じ様な体験ができます。歌手活動にがんばっているのであれば、誰でも一度くらいは、このような環境で力を試したいと思います。

自らが楽曲制作をするのももちろん可能ですが、プロの作曲やアレンジと比べるとクオリティには雲泥の差があります。プロは音入れにも一流のスタジオを利用して上質な機材で並外れたサウンドを誕生させます。
 
あなたが納得できる楽曲を、最高のクオリティに仕上げてもらえるのは、唯一無二の環境です。単純に、レコードオフィスからデビューしたいのであれば、ミュージックプラネットのオーディションは相性が合わないと思います。しかし繰り返しますが、今は即デビューが決まっているような事務所のオーディションはほとんどありません。
 
逆にそのような実力がある人はyoutubeなどの自己発信によって関係者の目に留まりすぐにデビューしています。歌うことが好きで、プロと同じような環境で音楽活動に自由にチャレンジしたい方には、ミュージックプラネットはお勧めできる環境の一つです。
 
ミュージックプラネットの出身アーティストは何人?どんな人たち?

ミュージックプラネットのオーディション参加料は?

ミュージックプラネットのオーディション参加料は一切掛からずに、完全無料でオーディションを受けることができます。

 

さらに今は書類審査が無いので、確実に有名プロデューサーの前で自らの歌声を披露できます。ですからたとえ万が一オーディションに落ちてしまったとしてもプロデューサーから今の貴方に足りないものをアドバイスしてもらうことも可能です。

 

このように、オーディションに通るかはあなたの実力次第ですが、オーディション審査は完全無料なのでリスクはありません。

 

ミュージックプラネットのヴォーカルオーディション応募条件と申し込みの仕方

応募書類やプロフィール撮影は不要です。申し込みはインターネットからのみになります。

応募条件
20 ~ 49歳の男女・芸能活動・音楽活動未経験でもOK

応募時には顔写真不要・書類審査は無し

参加料
無料

オーディション会場
東京(渋谷)大阪(心斎橋)福岡(天神)北海道(札幌)

※一次審査はリモート対応あり

審査手法
一流音楽プロデューサーの前で歌って審査。プロデューサーからは客観的な評価、助言などのコメントもいただけます。

(リモートの場合は動画、音声ファイルを提出して審査。)

応募の仕方・流れ
まずは公式サイトの応募フォームより応募。

そこに氏名・年齢・メールアドレスといった基本情報を入力します。ちなみに学歴・職歴というような面倒な項目は一切ありませんから安心です。

一番最後に、どこでオーディションを受けるかを決定しましょう。

「応募する」を押したら終了。入力は全部で2分程度。

 

オーディション会場や審査スケジュールの調整は、後にスタッフの方からの連絡があり、そこで調整が可能。

※オーディションは他薦は不可で自らの応募のみ受け付け可能
※バンド単位の申し込みNG。ソロシンガーのみ

 

まとめ
この記事では、ミュージックプラネットのヴォーカルオーディションについて、情報をギュッとまとめました。

このミュージックプラネットオーディションは、自らの歌をプロが直接ジャッジしてくれる、とても貴重な機会です。

万が一にも合格すれば、あなた自身のオリジナル楽曲の制作・音源配信・大規模なステージでのライブ出演など贅沢な環境が用意されています。

オーディション参加費は完全無料ですし、書類選考は無いので、ふるい落としはありません。

一言でいうと、著名なプロデューサーの前で必ず歌を披露できます。

 

失敗した後悔よりもチャレンジしなかった後悔は一生残ると言われています。

仮にオーディションで不合格になったとしても経験は残ります。

 

自らの夢はあなた自身がチャレンジを続け諦めない限り失敗としては終わりません。ただ経験だけが積もり続けていきます。

夢の大舞台へのストリートは、自らの小さな一歩より始まります。

>オーディションの詳細はこちら

 

巷で流行っているボーカルオーディション、ミュージックプラネット 。

しかし、そんな革命的とも言えるような新人発掘オーディションのミュージックプラネットにも噂はあったりします。

その噂の1つが、「ミュージックプラネットオーディションって誰もがパスするんじゃないの?何か裏があるのと違う?」ということです。

 

正直言って、これだけすごい環境が整っていたら何か裏があると感じてしまう人も居るかも知れません。でも、その誰もが合格するという噂もどこから浮上したものかははっきりとしていませんし、ちゃんとチェックしてみる必要はありそうです。

 

関連サイト:

>ミュージックプラネットの詳細について

 

ミュージックプラネットオーディションに応募しようか思い悩んでいるんだけど、人気が知りたいという方はご覧ください。

オーディション受験者の情報によればこれまで2000~3000人以上の方がオーディションに参加していらっしゃるようです。ですからメジャーなオーディションではないものの、ある程度の参加者数は存在します。またオーディションも始まってからまだ数年しか経っていませんので、知名度が低いのは当然ですし、むしろこれから盛り上がっていくオーディションだと言えます。

 

実際に出身アーティストの学園祭プロデュースやフェスの参加が増え、最近では日比谷音楽祭のスポンサーにも決まり、渋谷にはミュージックプラネット専用のライブハウスもあり、確実に規模は大きくなっています。

 

ミュージックプラネットのオーディション合格率については、オフィシャルでは発表されていません。ただし、この種のオーディションでは合格率や合格者・不合格者情報について発表はしないので、合格率が分からないのは当然かと思います。

さらに、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでミュージックプラネットのオーディションを受験した人を確認してみると実際に不合格者も存在します。

ですからだれでも合格するとの噂とは違い、ミュージックプラネットオーディションは厳正に審査が行われていることが分かります。

また仮に何か不正があるとすれば、今の時代はSNSやインターネットでの情報拡散が発達していますので、すぐに証拠が明らかになるはずです。

 

しかし現実には、ミュージックプラネットのオーディションに通った!という口コミはそれほど多くありませんでした。

 

ですからミュージックプラネットオーディションの評判を心配するよりも、まずは自身で合格出来るようにきちんと準備するのが重要です。またインターネット上では意図的に評判を下げるかのようなステマも増えていますのでご注意ください。

 

ミュージックプラネット口コミ・評判サイト

ミュージックプラネット口コミ評判調査!

ミュージックプラネット出身の有名アーティストはいるの?

 

ミュージックプラネット オーディション募集まとめ

 

募集内容
MUSIC PLANET 新人ボーカル発掘プロジェクト2021

対象者
・20歳から49歳までの歌手志望の人
・心身ともに健康な人
・経験不問
・日本国籍、または日本永住権を保有している人

審査会場
東京(渋谷)大阪(心斎橋)福岡(天神) 北海道(札幌)

※一次審査はリモート対応あり

注意事項
オーディションの応募にあたって他薦は受け入れていないため、本人のみが応募可能です。

応募方法
以下のリンクより最新情報をご確認ください。

 

> MUSIC PLANET 応募の詳細はこちら